どうやって伝えれば良いのか

リフォームイメージを正確に伝える為にできる工夫・アイデア

リフォームする部分の写真

必要な写真を把握しよう

リビングと浴室だけをリフォームする場合は、写真の準備が簡単です。
ですがたくさんの部屋をリフォームすることになると、準備が大変でしょう。
たくさんの写真を用意する場合は、インターネットで探すのが良い方法です。
トイレのリフォームだったら、トイレとキーワードに入力するだけで、リフォーム後の写真が検索結果に現れます。

同じように子供部屋、和室、ベランダというようにキーワードを入力して、目当ての写真を入手してください。
全ての部屋の写真を用意できれば、スタッフにこちらのイメージを簡単に伝えられます。
話し合いの日まで、写真の用意を間に合わせてください。
用意ができたら、すぐ取り出せるところに保管しておくと失くしません。

どこの写真かすぐ分かる状態にする

話し合いの当日にすぐ説明できるよう、写真を整理しておきましょう。
写真を用意したのに、どこの写真か分からないと、説明が滞りますしスタッフも戸惑います。
また異なる部屋の写真を見せないよう、注意してください。
写真の裏に、リビングなど名前を書いておくのが良い方法です。
するとどこの部屋の写真なのか、すぐに分かります。

話し合いを早く終わらせることで、すぐ工事の段階に進めます。
早く工事をして、新しい住宅で生活を送りたいと考えている人がいるでしょう。
そのためには、スムーズに話し合いを進めることが重要です。
ですが雑な説明になると、相手が理解してくれないので失敗する原因になります。
丁寧かつ、すばやく話し合いを終わらせましょう。


この記事をシェアする