どうやって伝えれば良いのか

リフォームイメージを正確に伝える為にできる工夫・アイデア

リフォームを成功させるポイント

パンフレットなどを参考にしよう

どこの業者でも、パンフレットを製造しています。
そこにリフォームをした後の住宅の写真が載っているので、イメージに合うものが無いか探してください。
写真を見せながら説明すると、こちらの抱いているイメージが的確に伝わります。
何種類かのパンフレットを用意している業者が見られるので、とりあえず全てもらってください。

パンフレットにイメージに通りの写真がなかった場合は、インターネットで検索してみましょう。
おすすめのリフォームを、たくさん紹介しているサイトがあります。
そこなら、自分の希望するイメージに合う写真が見つかるかもしれません。
様々な媒体を使って、リフォームのイメージを伝えましょう。
早めに写真を探し始めてください。

自分で写真を撮るのも良い方法

リフォームをした知り合いがいたら、住宅の写真を撮らせてもらってください。
自分で気に入った住宅の写真を撮って、スタッフに写真を見せて説明するのも良いと思います。
撮影をするなら、必ず家主に許可を取ってください。
また自分のアイデアを、他人にマネされたくないと考える人も見られます。
自分もリフォームする時、同じようなデザインにしても良いか尋ねましょう。

住宅展示会に行って、写真を撮るのも良いですね。
自分の目で、リフォームした結果を見学できる部分がメリットです。
パンフレットやホームページの写真だけでは、分からないこともあるでしょう。
実際に見て、リフォームのイメージを固めるのがおすすめです。
積極的に、写真を撮りに行きましょう。


この記事をシェアする