どうやって伝えれば良いのか

リフォームイメージを正確に伝える為にできる工夫・アイデア

リフォームを成功させるポイント

写真があると、イメージを簡単に伝えることができます。 スタッフにリフォームの希望を伝える時は、写真を見せながら説明してください。 ホームページやパンフレットを見ると、リフォームをした住宅の写真が掲載されています。 イメージに合う写真がないか、確認しましょう。

イメージの写真を見せる方法

リフォームイメージを伝える時は、言葉だけで伝えないでください。
言葉だけでは、全く異なったイメージが伝わってしまう可能性があります。
おすすめは、写真を見せることです。
写真を見せながら、こんな住宅にリフォームしたいと伝えることで、業者のスタッフは簡単にイメージすることができるでしょう。
相手に伝わりやすい、写真を用意してください。
イメージにピッタリの写真を見つけるために、パンフレットやホームページをたくさん見ましょう。

住宅の全体をリフォームする場合は、それぞれの部屋の写真を用意しなければいけません。
手間が掛かりますが、写真を見せながら伝えることでスタッフがイメージを理解してくれます。
リフォームをする時は、高額な価格が発生します。
それなのにイメージ通りにならないと、無駄な出費になるので気を付けましょう。
また失敗したからといって、簡単にやり直すこともできません。
失敗しないよう、各部屋のイメージに合う写真を用意しましょう。

さらにイメージを、詳しく伝えることが重要です。
ですがあまりにも言葉が多いと、業者のスタッフは混乱してしまうかもしれません。
要点を、前もってまとめておきましょう。
すると相手に伝わりやすくなります。
イメージが大体固まったら、スタッフに伝えなければいけないことをメモに残してください。
メモを見せながら説明しても良いですね。
スタッフが早く理解してくれると、話し合いの時間が短くて済みます。

リフォームする部分の写真

どこをリフォームするのか、最初に決めてください。 写真を見せながら説明する場合、全ての部屋の写真が必要になります。 住宅全体のリフォームをする際は、写真の準備が大変かもしれません。 用意が間に合うよう、早めに探し始めてください。 条件を妥協しないよう、注意しましょう。

大事な部分を整理しよう

写真を見せて、さらにメモなどを見せながら説明するとスタッフに分かりやすく伝わります。 前もって、重要な部分を整理したメモを用意しておきましょう。 メモを書く時は、簡潔にまとめることが重要です。 長文ではスタッフに見せても、理解してもらえないでしょう。